世間に広く認知された「コインパーキング」。ITや道交法の後押しで需要拡大中!

コインパーキングとは

かつての駐車場といえば「個人宅の駐車場(カーポート)」「土地を保有するオーナーによる月極駐車場」「商業施設に併設された店舗駐車場」「パーキングメーターを利用した路上の駐車」が一般的でした。そして1990年代に「コインパーキング」が登場します。駐車場経営の大きなターニングポイントです。

コインパーキングの管理方式ですが、規模が小さい駐車場はロック方式(フラップ方式)、規模が大きい場合はゲート方式で行われ、発券機や精算機により料金の支払いを行います。個人のオーナー様が採用されるのはロック方式(フラップ方式)が多い傾向にあります。時間に応じて料金が変動する時間貸し形式。出庫時に精算機で料金を投入すれば良い無人方式なので人的コストもかかりません。

ここまで短期間でコインパーキングが世間に浸透したのは何故でしょうか。経営するオーナー様側・オーナー様をサポートする運営会社・利用する一般者側、三者の利点が一致したからに他なりません。

コインパーキング経営

アパートマンション経営と比べるとリスクが低い駐車場経営。中でもコインパーキングの経営方式としては以下の2パターンが主流です。

  • 「何から何までオーナー様が個人で運営」
  • 「オーナー様と一時利用賃貸借契約を結んだ会社が運営」

コインパーキングを個人で運営する場合

個人経営の場合、設備の初期投資・ランニングコストの支払いから毎日の管理業務など全てを自分自身で行わなければなりません。実際に運営を行うためには「親から土地を相続したが、駐車場経営に時間や労力を割けない」「専門知識が無いので不安」など、乗り越えなければいけないハードルがたくさんあります。営業開始後も機械メンテナンスや利用者のトラブル対応など、予期しない対応に追われます。

ブライトの「コインパーキング運営」

そのような問題を解決するために誕生したのがブライトの「コインパーキング運営」サービスです。 オーナー様と土地の一時利用賃貸借契約を結んだブライトがコインパーキングとして一切を運営。皆様は投資リスクも少なく運営管理の手間もありません。設計・施工から運営管理まで全てブライトが対応するのでランニングコストや労力も不要です。その分の時間を他に回すこともできますし、何もせずに毎月一定の収入(土地の賃料)を得られるため大変人気を集めています。

駐車場サブリースの仕組み

ブライトの「コインパーキング運営」について説明する前に、利用者のメリットについて振り返ります。

コインパーキングを利用する(駐車する)運転者から見たコインパーキングの魅力

道路交通法の改正による駐車違反の取り締まり強化

2006年の道路交通法の改正により違法駐車対策が強化されました。具体的には駐車違反取締りの民間委託(駐車監視員)、放置違反金制度の導入です。ドライバーに対する「交通ルールを守ろう」という意識の向上効果もあり、外出先でコインパーキングを利用するケースは今では一般的です。

利便性の良い場所に短時間だけ駐車可能

車で買いものに来たのに店舗の駐車場が空いていない。空きが出るまで並んで待たなければいけない。コインパーキングが登場するまでは良くある光景でした。コインパーキングが普及した現在では、店舗の駐車場などが空いていなくても近隣のコインパーキングを探して駐車することが可能です。駅前や街の中心部で「数分~数時間だけ停めたい」という需要はとても大きいのです。料金は基本的に駐車した時間に応じて払う従量制のため納得感もあります。長時間停める場合や夜間帯は料金が固定額となる徴収方法など利用者の声に応じたサービスも人気です。

コインパーキングの増加

この数年でコインパーキングの数が急増。皆様も街を歩けば多くのコインパーキングを目にするでしょう。繰り返し接すると好意度や印象が高まるという「単純接触効果」もあり、ドライバーがコインパーキングを利用する心理的負荷は大きく下がりました。発券機や精算機の操作も簡単なので利用前に心配になることはありません。また、「どこにでもコインパーキングがある」という環境はドライバーの外出機会を増やします。「外出先でコインパーキングを探す・利用する」という行動は、今ではドライバーにとって当たり前のことなのです。

カーナビゲーションシステムやスマートフォンの発達

自動車におけるICT(情報通信技術)の進化もコインパーキングの需要増加を大きく後押ししています。具体的には「カーナビ(カーナビゲーションシステム)」と「スマートフォンの地図アプリ・ナビアプリ」です。地図情報の精度向上や情報のアップデート・更新により、地図上からドライバー近辺のコインパーキングが簡単に探し出せるようになりました。 総務省が発表した「2016 情報通信白書」においても以下のように言及されています。

自動車におけるICT活用は、カーナビ等の自動車側からのアプローチとスマートフォン等のICT側からのアプローチが交差する状況となっており、今後、ますます両者が融合、発展していく様相を見せている。

ブライトの「コインパーキング運営」を契約するオーナー様のメリット

1. 安定した収益が得られます!

コインパーキングとなる土地をブライトが借り受けて運営する一時使用賃貸借契約です。コインパーキングの運営状況に関わらず賃料はご契約に従って毎月お支払いいたします。オーナー様は稼働率などに苦心せず安定した収益が確保できます。

「駐車場の空きを解消して収益を安定させたい」を詳しく読む

2. コインパーキングの管理・運営も全てブライトが引き受けます!

コインパーキング運営における集金・保守・清掃・緊急対応など、煩わしい業務はすべてブライトが負担いたします。駐車場内での事故やトラブル等につきましても、地主・所有者の皆様には一切、ご迷惑をおかけいたしません。

「管理に関するトラブルから解放されたい」を詳しく読む

3. 短期やつなぎの土地活用で駐車場にできます!

コインパーキングの土地の賃貸借契約は営業権の発生しない一時使用の形式です。2年契約が基本ですので短期間の土地活用に最適な上、解約も簡単です。契約期間経過後は2か月前に申し出があればいつでも解約ができ、短期間での資産運用にも最適です。

「短期やつなぎの土地活用で駐車場にしたい」を詳しく読む

4. 初期投資額・ランニングコストは0円です!

コインパーキング開設に必要な看板の設置費用、電気工事費用などはブライトで負担するため、オーナー様に新たな投資や準備は一切必要ありません。金銭的負担は全くございません。コインパーキングの運営上必要とされるもの(駐車場機器、看板類の設置等)は全て当社の負担にて行います。(建物解体など除く)

「駐車場の初期投資の資金や費用を抑えたい」を詳しく読む

5. 狭小や傾斜、三角の変形地を活用できます!

ブライトの駐車場システムなら土地の大きさや形は問題になりません。20坪程度の小さな土地から複雑に変形した土地まで最適なプランでの有効活用が可能です。ご自身で判断なさらず、まずはお気軽にご相談ください。商業ビルや店舗などの空スペースがある場合も時間貸駐車場として収益の確保が可能になります。

「狭小や傾斜、三角の土地を活用したい」を詳しく読む

6. 月極駐車場の一部をコインパーキングに変更可能!

「月極駐車場として10台運営しているが半分ほど空がある」という場合、空いた5台分だけをコインパーキングにすることも可能です。(従来通り月極駐車場として5台分は継続)

7. 月極駐車場で良くある不正駐車が減ります!

月極駐車場でよくある「不正駐車問題」。正式な利用者が使えずに警察沙汰になることもよくあります。不正駐車を行うドライバーとしては「近くにコインパーキングがなかった。空いていたスペースがあったので短時間だけ置かせてもらうつもりだった」という心理が働くようです。コインパーキングであれば簡単な気持ちで不正駐車を行うことは難しくなりますし、正式に利用していただけます。

ご依頼から運営開始までの流れ

ご相談

コインパーキングのご検討、空き駐車場についてなど、何なりとお気軽にお問い合わせください。

確認・調査

立地、地形をはじめ、駐車場ニーズや相場などの周辺の調査を行います。

ご提案

駐車場レイアウトなど、最適な運営方針をご提案いたします。

ご検討

合意が得られましたら、一時使用賃貸借契約を締結いたします。

工事・オープン

各設置工事をすみやかに行い、通常契約から約1ヶ月ほどでオープンいたします。

駐車場のことなら
文京区で創業の株式会社ブライトへ
お問い合わせ・ご相談は無料です。
お気軽にご連絡ください。
対応地域: 文京区を中心とした都内近郊
(その他地域はご相談ください)
株式会社ブライト9:00-19:00 [日・祝日除く]
03-3942-7786
メールでお問合せをご希望の方は下記へお進みください。